取り消し処分者講習

| 未分類 |

運転者の重大な過失により交通事故を起こした場合、または交通違反を起こした場合、その度合いに応じて免許の有効期間を停止されたり免許そのものを取り消される処分があります。免許を取り消されたドライバーはある一定の期間と法的な責任を負えば改めて免許を取得出来るケースもあります。しかしながら重要なことは二度と同じ過ちを犯さないとドライバー自身が自覚することです。そのために警察署で行う免許取り消し処分者講習があります。これらの講習は一般のドライバーが免許取得時、または定期更新時に行うものとは異なり、事故及び違反の危険性、過失における事故の悲惨さをより如実に訴え、再発を防ぐことを目的とした講習です。交通違反者には一般的に譲り合う精神が欠如し、自分勝手、自己顕示欲の強い性格のドライバーが多く含まれる傾向があります。そのためまずは安全運転に適したドライバーにするための教育が必要です。それ以外にも交通ルールの理解不足やドライブ時の脇見など安全運転に必要な基本動作の再確認を行うことも重要です。いずれにしても悲惨な事故を二度と起こさないためにこの処分講習をより強化し適正なドライバーにのみ免許の再取得をさせる必要があります。