初心者特例とは

| 未分類 |

自動車の普通免許やバイクの原付免許、普通二輪免許、それに大型二輪免許といった免許のどれかを取得した日から1年間の期間に該当する運転者については、初心運転者として取り扱われます。ボクシングこの初心運転者については、一般の運転者とは区別して、別途法律上での特例が設けられています。この特例のことを初心者特例と言います。この特例制度は、初心者だから優しいと言うことではなくて、逆に一般の運転者に対するものよりも、違反時の処分が厳しいものとなっているのです。この特例制度に基づいて、初心者が一定の点数以上の違反を犯した場合には、初心運転者講習と言う講習を受講しなければなりません。この初心運転者講習は、累積点数6点以上における免許停止処分対象とは全く異なるものであり、初心運転者の期間に特別に行われる講習です。そのため、免許停止期間の短縮のために行う、所謂免停講習とは別に行われる講習なのです。そのため、初心者運転者の間に違反点数が累積で6点となった場合には、初心運転者講習を受講して、しかもその他に30日間の免停処分も課されることになります。つまり、初心運転者は、通常の運転免許制度に加えて、更に厳しい行政処分が課せられると言うのがこの特例の特徴です。