一般人運転者講習

| 未分類 |

運転免許を保有していると、更新する人の違反状況や初めての免許の更新なのかというところで違いがありますが、 3~5年に一度免許証の更新という時期が来ます。

更新にあたり、誕生日の1ヵ月程前に通知が届き、 その通知をもとに免許の更新をするのですが、 一概に更新といっても免許更新者により受ける講習に違いがあります。

たとえばゴールド免許証の保有者であれば、「優良運転者講習」を受けることになり、 初めての免許証の更新であれば「初回更新者講習」を受けることになります。

高齢者でもなく、初回の更新者でもなく、ゴールド免許の更新でもない人は 「一般人運転者講習」「違反運手者講習」のどちらかを受けることになります。

一旦停止のところで警察に一旦停止不足や、 シートベルトをつけ忘れていたり、 運転中に携帯電話の操作をしていた、 一方通行の道路を誤って走行していたなどの軽微な違反などが期間内において3点以内の加点の範囲であれば、 一般人運転者ということで講習を受けることになります。

これは優良運転者講習に比べて、費用も時間も多くかかること、 また、自動車保険においてゴールド免許割引の適用がされない区分であることなど、望ましいことではなりません。 違反運転をしないように留意し、優良運転者講習の受講を目指していきましょう。