違反者講習

| 未分類 |

道路交通法では交通事故を防ぐ為に行政処分を課していますが、それだけではなく交通事故を防止する為の思索や啓蒙を行っています。 違反者講習とは運転免許の所持者が軽微な交通違反を行った者に対して行う講習のことで、受講しようと思うならば、本通知を受けてから1ヶ月以内に受講しなければ出来ないことになります。運転免許の免許停止の行政処分を受けたものに行う処分者講習が、免許停止の処分を受けたものに対して行うの対し、免許停止前に行う講習のことです。 以下停止処分停車講習と本講習の違いは1)本講習の対象者、免許の累積点数が6点になっている、累積の内容が3点以下の違反行為である、過去3年間に点数制度による免許の行政処分を受けたことが無いものが対象者です。 講習は任意でありますが、講習を受けるメリットが大きいので大抵は受講されます。 メリットは講習を受けることにより、累積の違反点数が違反点数から除外され、そのことで免許取り消し処分になりませんので、車を仕事等で常時使用される方には非常にありがたい講習です。 講習にはいくつかのコースがありますが、あらかじめ日時が決められています。 講習を受けなかった場合、免許停止処分を受けることになり、30日間運転が出来なくなります。 その他に、場合により処分が加重される場合もあります。