交通違反とは 

| 未分類 |

交通違反はスピードオーバーや駐車違反が代表的で信号無視や一旦停止など多くの項目があります。
とくに違反点数や反則金の多いものとしてスピード違反があります。
スピード違反は違反スピードにより反則金額に差があり点数も速度超過が大きければ多く引かれます。
免許停止や免許取り消しとなることもあります。
違反者の多くは高速道路や幹線道路などのスピードの出やすい道路でスピード違反を起こすと言われています。
一般道ではスピード違反が多い個所として堤防や川岸、湖岸、海岸道路などがあります。
これらの道路では道幅が狭く、川、湖、海に沿った道路や堤防は高速での走行が非常に危険なため、制限速度が設けられていることがあります。
ただこのような道路では市街地と違って信号が非常に少なく、水辺であることから交差点も橋まで行かないとないことがあります。
しかしながら、逆を言えば信号が無いため、スピードを落とさず走れるため、通勤時間帯などの抜け道として利用されることがあります。
この時についついスピードが出過ぎて速度超過で取り締まりの対象となります。
違反の原因は早く目的地に行こうという焦りによりそれを引き起こすため、時間に余裕をもつことで大きく違反が減少します。