赤キップと青キップ

| 未分類 |

道路交通法違反などで警察に停められた時、その違反点数の違いにより渡される証明書の色が異なります。
免停相当の違反の場合赤キップ、免停未満の場合は青キップになるのが一般的です。
簡単にそれぞれのキップについて説明すると、まず青キップは違反点数が免停には満たない点数で、反則金を払うことで済みます。
一方で赤色のキップの場合は、罰則金となり裁判所による判決に従い罰則金を支払います。
悪質な場合は懲役刑になり前科が付きます。
このように、道路交通法違反の違反度合いで、大きな違いがあります。
多くの場合は速度超過などで違反する場合が多く、高速道路の場合は時速40キロメートル以上の超過で赤色のキップが切られることになります。
また、一般道の場合は時速30キロメートル以上の超過で赤色のキップが切られることになります。
一般道と高速道路で、基準が違う理由として、一般道路は高速道路よりも危険性が高く少ない超過速度でも一発免停のリスクがあるのです。
普段自動車を利用していて周りの車に合わせて走行していると、気が付かないうちに違反をしている可能性があります。
違反についてよく知り、普段の運転でも安全運転を心がけるようにしましょう。